【快眠のために】ポカポカの不思議体験入浴

スキンケア

入浴の質と睡眠の質

お風呂の入り方で良い眠りを

1.入浴は睡眠の1〜2時間前に

2.入浴で血流を良くする

3.入浴で自律神経を整える

※上記3点はより良い睡眠を得る為に、とても重要なことなのです!

入浴には快眠の他にも多々の効果が!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ストレスを解消
身体の疲れをとる
お肌の美容効果
一度落ち着いてまた頑張りたい!

しかありませんね(笑)

でも、お風呂はいつも入ってるよ〜?入り方だめなの?あっついの好きだからいつもあっついのに入ってるよ〜!

ただ入るだけでは!そして温度!

効果的な入浴方法

ただ毎日だらだらと何も考えずに入浴していても逆効果になってしまうこともあります!

正しい効果的な入浴方法

ぬるめのお湯に入る

目安温度38度〜40度

目安温度以上のお湯で入浴すると自律神経の交感神経が活発になってしまい、睡眠に悪影響を与えてしまう為。

入浴時間は15~20分程度

×目安温度以上=42度以上

お湯の温度に気をつけて入るだけでは効果は大きく良い方向に変わっていきます。

これからひと仕事!

あれ?じゃあもしかして逆の効果も然りってやつ!?あっついやつに入ると!?

これからもう少し頑張りたい!って時は上記とは逆に42度〜43度のお湯に短時間入ることで交感神経が活発になり、眠気を和らげてくれたりします。

この温度のお湯で入ってしまうと「肌が乾燥しやすくなり肌荒れの原因になるので注意!

その時の状況によって、変化させれば良いんだね!

入浴剤の効能

これまでお話しした入浴効果に!

更なるプラス効果を!

入浴剤の役割

入浴剤には疲労肩こり目の疲れ美容効果など様々な効果があると言われています。血管を拡張し、血流を促進する効果があるため、老廃物の流れもよくしてくれます。

もちろん今回のタイトルになっている通り「睡眠の質の向上」も!入浴剤に含まれる成分だけでなく、様々な香りもあります。

アロマテラピーの記事でも書きましたが、香りにはリラックス効果を与えてくれます。

香りというものは脳へダイレクトに届くのです!病は気から」ということわざがありますよね?まさにその通りなのです!

自律神経などに働きかけ身体の不調を整えてくれるのです。大切なのは脳の働きの活性化ですね。

でもどの入浴剤使えばいいかわからないよ〜!

その時その時の自分の状態、状況に合ったものを使いましょう。パッケージには「肩こり」「肌荒れ」など使用用途が記載されています。どれを選んでも1点共通点があります!この流れでわかりますね?

「香り」

ラベンダーや色々な香りがあります。

どれを選んでも「香り」が

脳へダイレクトアタック

してくれます!

参考までに僕が使用しているのをご紹介

「とろみと泡の不思議体験」

これまで使用してきた入浴剤とは全くの別物なのか!?はじめての体感」って感じの入浴剤でした!

気持ちの持ちようでって良く言いますが、気持ちを持てます!笑 実際使用してみて効くよこれ!って気持ちにさせてくれる体感でした。

より良い生活を

Make Life Better


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました